社労士に相談する

社会保険労務士自分で障害年金を申請することは可能ですが、実際にやってみるとかなり面倒です。手間と時間がかかりますし、何とか申請までこぎつけたとしても却下されてしまう可能性があります。ではどうしたらいいのかということですが、もっともおススメなのは社労士に相談することです。社会保険労務士はこの手のエキスパートですし、障害年金の申請も行ってくれます。社労士に相談してから依頼すれば申請に失敗するようなことはまずないでしょうし、ほぼ確実に障害年金の申請をクリアすることが可能です。

自分で申請したものの失敗した、受給できなかったという方は非常に多いのですが、専門家である社労士に依頼することで問題は解決します。ほとんどのケースにおいて受給できるといわれていますから、最初から社労士に相談したほうが効率的でしょう。また、社労士に依頼することによって手間を省くこともできます。自分で申請するとなると年金事務所や病院にも何度も足を運ぶことになりますし、そこまで時間と手間をかけても失敗してしまうことがあります。それを考えると最初から社労士に依頼したほうがずっと効率的ですしスムーズに障害年金を受給することが可能になるでしょう。まずは社労士に相談することです。ちなみに、障害年金基礎知識紹介の“白石社会保険労務士事務所”では、無料でメール相談も受け付けています。このように、電話やメールはもちろんのこと相談会なども行っているところもありますので、気軽に問合せをしてみてはいかがでしょうか。